お風呂の菌を除去して入りたいので、お風呂の配管掃除のご依頼です 豊島区

術後で自宅のお風呂を除菌したい

東京都豊島区西池袋のお客様から『退院して自宅のお風呂に入りたいので、お湯はりとか追い焚きのお風呂除菌をお願いします。』とのご相談があり、お風呂の配管掃除をしてきました。

築9年のマンションです。

 

退院はされましたが、まだ少し傷口が痛むとのことです。

かさぶたは無理にはがすのではなく、自然とふやけてはがれるのがいいみたいですね。

 

お風呂にお湯を溜めるときには新しいお湯が出てくるから綺麗だろうと思っていますか?

新しく溜まるお湯も追い焚きと同じ配管を通ってくるので、追い焚き配管を洗浄していないと新しいお湯でも綺麗とは言えません!

 

お風呂に入るともちろん傷口にお湯が触れますから、お風呂の菌を除去してから入りたいですね。

 

給湯口カバーを掃除

 

給湯口カバーを外してみると、湯垢で網の目が詰まっていました!

湯垢には雑菌がたくさんいますので、しっかりと除菌、洗浄します。

 

 

給湯口もブラシでしっかりと掃除します。

追い焚きするときもお湯はりのときも給湯口からお湯が出てきますので、除菌しておかないと傷口に菌が入ってしまいますね。

 

お風呂配管掃除

実際にお風呂配管掃除を開始します。

 

東京都豊島区風呂釜洗浄① 東京都豊島区風呂釜洗浄①

築9年でこれだけ汚れが出ました。

追い焚き配管や風呂釜内に雑菌が入っていくと身を守るために生物膜(バイオフィルム)を作ります。

それがぬめりです。

ぬめりが蓄積されると湯垢になり雑菌の増殖に繋がりますので、定期的に洗浄をしてぬめり、バイオフィルムを溜めないようにしたですね。

 

浴槽は毎日ご自分でも掃除出来ますが、追い焚き配管は直径1cmの配管がお風呂から風呂釜まで繋がっています。(マンションでは片道10mもありますので、循環式ですので往復20mとうことですね)

床の下や天井裏を通していて長く細く曲がっている為、ブラシなどを入れて掃除することは出来ません。

普段目にすることもないので汚れがたまっているという認識を持ちにくいですが、浴槽の中のお湯が循環しているので皮脂汚れや入浴剤がたまって雑菌の温床になってしまっているんですね!

 

お風呂の配管掃除が終わり配管を濯いで完了です。

お客様からは『病院からお風呂に入るときは除菌してから入ってくださいと言われていたんです。これで安心してお風呂に入れます。』とお喜びの声をいただきました。

 

風呂釜の除菌

弊社は特殊洗浄剤でレジオネラ属菌、大腸菌群、O157を死滅させます。

健康な状態では大丈夫なことでも、免疫力が低下しているときには悪影響が出ることもあります。

 

目に見えない追い焚きの配管、風呂釜を除菌して、安心してお風呂に入っていただくことをおすすめしています。

肌にも刺激が少ない安全な洗浄剤を使っていますので安心してご依頼ください。