ガスファンヒーターが火事の原因になることは? 千葉市

ガスファンヒーターは危険?

千葉県千葉市稲毛区のお客様から『ガスファンヒーターを付けると焦げ臭いんですけど、使ってても大丈夫ですか?中のほこりを掃除してほしいです。』とのご依頼をいただきました。

フィルターはご自分でも掃除しているそうですが、買ってから5年経っていて内部の掃除はしたことがないそうです。

自分で掃除しようと思ってもガスを使っている機械なので危ない、怖いということもあって、開けて掃除はできないとのことでした。

 

千葉県千葉市ファンヒーター掃除①

後ろのフィルターを外してみるとほこりだらけになっています。

点火したときにほこりが燃えて焦げ臭かったんですね。

この部分の中が燃焼室になっているので、ほこりが入ってしまっているんです。

 

ガスファンヒーターが消える

千葉県千葉市ファンヒーター掃除③

フロントパネルを開けるとコネクターやスイッチ類、温度センサーの周りにもほこりがたくさん付いています。

中を掃除しないでそのままにしておくと、センサー類が誤作動を起こして途中でガスファンヒーターが消えることがあります。

 

途中で消えるということは安全装置が働いて途中失火させている可能性があるので、内部を掃除して安全に使えるようにしなくてはいけません。

 

千葉県千葉市ファンヒーター掃除②

ガスファンヒーターはガスを熱源として燃焼させて温風を出します。

 

要はファンヒーターの中で火が出てるんです。

そこにほこりがあったら・・・

 

危ないのは当然ですね!

ガスファンヒーターが火事の原因とならないようにほこりを掃除しないといけません。

 

ガスファンヒーターの安全性

ガスファンヒーターは安全性は高くなっていて、たくさんの危険防止装置が付いています。

 

ファンで勢いよく部屋の中を暖めますので、後ろからの給気も同じだけ空気を吸うことになります。

ファンヒーターは床に置くことが多くほこりを吸いやすくなってしまいますので、内部のセンサーやファンにほこりがたまりフィルターの清掃ランプが点滅します。

 

フィルターを清掃してもランプの点滅が消えない場合は、内部にほこりがたまって危険な可能性が高いので分解清掃が必要となります。

内部には燃焼部やガス部があり危険ですので、清掃は専門家に任せましょう!

 

使う頻度にもよりますが、2~3年に1度は内部の清掃をおすすめします。

特にフローリングのようにほこりが舞いやすい、ペットを飼っているなど中にたまりやすい場合は要注意です。

 

ファンヒーターが焦げ臭いなどは弊社へご相談ください。

 

 

「汚れ」でお悩みの方はご相談ください。TEL:0120-954-012 TEL:047-455-3652 FAX:047-455-3652 株式会社コーデテーラー