ジェットバスを使うとかゆいとのご相談でジェットバス配管洗浄をしました 横浜市

ジェットバスは循環式風呂

神奈川県横浜市神奈川区のお客様から『ジェットバスを使うとかゆいので、ジェットバス配管洗浄をしたらおさまりますか?』とのご相談がありました。

 

横浜市鶴見区ジェットバス洗浄③ 横浜市鶴見区ジェットバス洗浄④

伺ってみると、かなり年季の入った配管です。

築35年ですが、15年前に浴室をリフォームしたときにジェットバスを付けたそうです。

 

ゴム配管と塩化ビニル製配管を組み合わせているようです。

今まで色々な洗浄をしましたが、ゴム配管を使っていると汚れがひどいことが多いと感じます。

 

ジェットバスは浴槽のお湯を1か所(メーカーによっては2か所)の吸い込み口から吸って、数か所の吐き出し口から勢いよく噴き出す循環式風呂です。

循環式風呂ですので吸い込み口から入浴剤や皮脂汚れなどが入ってしまい汚れが溜まり雑菌が繁殖してしまうんですね。

 

ジェットバスから汚れ

ジェットバス配管洗浄をします。

 

横浜市鶴見区ジェットバス洗浄② 横浜市鶴見区ジェットバス洗浄①

ジェットバスの配管から湯垢が出てきていますね。

この湯垢の中に雑菌がたくさんいるんです。

ジェットバスを使うとかゆみが出るとのことですので、肌が弱っていて雑菌の影響を受けているのだと思います。

 

今回は一戸建てでの作業で浴室の裏にジェットバスのポンプが設置されていましたが、後からジェットバスを付けた為か配管が長くなっていました。

配管が長ければ必然的に汚れがたまる場所が多くなります。

配管を外せればいいのですがゴムや塩ビ管の為固着や劣化が考えられるので、ポンプが壊れたときには本体の交換だけでなく配管をやり直す必要があると思います。

 

2度目の洗浄をして汚れがおさまり、ジェットバスを濯いで完了です。

ジェットバスは汚れがたまりやすい構造だと思いますので、年に1度の洗浄が望ましいと思います。

 

お客様からは『リフォームしてジェットバスを付けてから配管洗浄をしたことがなかったので、汚れや雑菌がたまっていたんですね。』とおっしゃっていました。

お風呂の雑菌が肌に悪影響を与えていたようです。

 

レジオネラの感染経路

今回のお客様はかゆみが出ていたとのことでしたが、このまま湯垢を放置しておくと最悪の場合、死に至ることがあります。

 

レジオネラ属菌という菌がジェットバスなどで空気中に霧状に舞って吸ってしまうと、レジオネラ肺炎にかかります。

特に抵抗力が落ちているときや、ご高齢者様はレジオネラの感染にも気を付けましょう。

 

ジェットバスのように循環式の設備は目に見えないので掃除を怠りがちですが、健康に過ごすためにも、定期的なメンテナンスが必要です。

 

料金表

 

ご予約はこちらから