リフォームで給湯器を交換したが、お湯はりするとお風呂に黒い汚れが出る

中古マンションをリフォームして給湯器は新しくなっている

東京都墨田区のリフォーム会社様から『中古マンションをリフォームして給湯器は新しくなってるんですが、お湯はりするとお風呂に黒い汚れが出るんです。』とのご相談をいただきました。

築25年の中古マンションですので、リフォームで給湯器を交換してあるそうです。

 

伺ってお湯はりをしてみると

 

お風呂に黒い汚れが出てきました。

湯垢のように見えます。

 

 

給湯器は新しくなっていますが、追い焚き配管は今までと同じものを再使用しているようです。

(追い焚き配管は床下を通っていて交換するにはフローリングを剥がす必要があります。今回のリフォームではフローリングの張り替え予定はなかったそうで、追い焚き配管は変えなかったそうです)

 

追い焚き配管はお湯はりをするときに新しいお湯が通る配管でもありますので、給湯器が新しくなっていても追い焚き配管内には以前からの汚れが残っているんです。

 

追い焚き清掃

 

追い焚き清掃を開始します。

洗浄剤を入れて循環させていくと茶色い汚れが浮いてきました。

追い焚き配管に残っていた25年分の湯垢が溶けだして出てきています。

 

 

洗浄の時間が経ってきて汚れの色が濃くなってきています。

 

弊社の洗浄剤は安心、安全な洗浄剤を使用していますので、徐々に湯垢が溶けだしてきます。

お子様、ご高齢者様も安心してご利用いただけます。

 

また公衆浴場などで死亡事故も起こっている原因菌の「レジオネラ属菌」もしっかりと除去しますので、施工後は安心してお風呂に入れるようになります。

 

給湯器に銅管を使っている

 

洗浄が終わりましたが海苔のような汚れが浮いています。

排水してみると浴槽に湯垢がベッタリと付いていて、これだけ追い焚き配管内に汚れがたまっていたことがわかりますね。

 

濯いで確認しますとまだ少し汚れが出ていましたので、2回目の清掃です。

 

 

追い焚き清掃をしてみると1回目の清掃と違いほとんど汚れが見られません。

しっかりと洗浄剤を循環させて汚れが落ちました。

 

かなり汚れがたまっていましたね!これだけ汚れていてはお湯はりしたときに汚れも出てしましますね。』とリフォーム会社の担当様もおっしゃってしました。

 

濯いで確認をしますと、配管の錆(銅管の緑青)が出ています。

 

給湯器には銅管が使われていました。(追い焚き配管が銅管で施工されています)

25年間使用しているので内部が少しづつ錆が出てきているんですね。

 

この錆を解決するには追い焚き配管を交換するしかないのですが、先ほど書いたように床下を通っていてフローリングを剥がすなどの大掛かりな工事が必要となります。

追い焚き配管を交換するのは費用面でも負担が大きくなりますので追い焚き配管を清掃して汚れをためないようにしていくことをお薦めしています。