換気扇を付けると埃が入ってくるので、マンションの給気口掃除をご依頼いただきました 松戸市

排気ガスがマンションに入ってくる

千葉県松戸市にお住まいのお客様から『換気扇を付けると埃が入ってくるので、いつも給気口を閉めてるんです。自分で給気口の掃除が出来ないのでお願いします。』とのご依頼をいただきました。

築13年のマンションで交通量の多い道路沿いにお住まいなので排気ガスがマンション内に入ってきて、給気口の周りの壁紙が黒ずむそうです。

普段は給気口を閉めていて換気扇を使うときだけ窓や給気口を開けるようにしていたようですが、換気扇を付けると埃が入ってくるようになってからは閉めっぱなしにしてしまっているとのことでした。

 

 

伺ってみると給気口が閉めてありました。

最近はいつ開けたか覚えていないほどだということです。

 

給気口のフィルター交換

  

給気口を分解すると中のフィルターは真っ黒でした!

1年に1度は給気口のフィルターを交換しているそうですが、すぐに汚れてしまうそうです。

 

フィルターを外すと中は埃と煤塵で汚れています。

これではすぐにフィルターが汚れますね。

拭き取るとキレイになります。

フィルターの抑えがX型で入っているので、掃除しづらいですね。

 

ベントキャップの掃除

 

ベントキャップ(給排気口の蓋)を外して見ると、埃で塞がっています!

これでは給気も取れませんし、ベントキャップに詰まっている埃が部屋に入ってきますね。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、裏から見ても詰まっています。

 

ベントキャップを掃除してみると・・・

 

下に敷いてある布まで見えるようになりました。

本来はこのように空気が通るようになってたんですね!

 

外側から見ても空気が通るようになりました。

 

ベントキャップは簡単に外せるものもありますが、コーキング(シリコン)で止めてあったり、排水管やエアコンのドレンホースがあって外しにくい場合もあります。

無理はせず専門家へお任せください。

 

フィルター交換の頻度

 

給気口フィルターは交換後3か月で一度洗って、半年で交換するのが一つの目安です。

(汚れの状況に応じて頻度を調節してください)

 

上の画像の通り清掃してフィルターを取り替えると、部屋の中が透けて見えるようになります。

フィルター交換とともにマンションの給気口掃除を心がけましょう。

 

マンションでは結露しやすいので換気が重要

マンションは高気密、高断熱になっています。

(最近では戸建てもその傾向にあります)

 

ですので、部屋の中と外の温度差が大きくなり、窓やドアが結露しているのを見かけることが多いです。

そして、給気口を閉めているお宅も多いですね。

 

給気口を閉めると家の中で出た水蒸気が換気されなくなり、窓やドアなどの外気に空気が触れている場所で結露が発生します。

換気扇を回して給気口(窓でも良い)を開けて空気の流れを作るようにしましょう!

(冬場にドアが重くて開かなくなることがあると思います。ドアが開かないのは部屋の中が負圧になっているからなので、換気扇が出そうとする空気より入ってくる空気が足りない状態です。)

 

マンションでは結露を予防する為にも給気口を開けて換気をするようにしましょう!

 

24時間換気の義務化

シックハウス対策などを目的に建築基準法が改正され、24時間換気の義務化が始まりました。

24時間換気扇が回ってるということは、24時間部屋に空気が入ってこようとするということです。

(部屋の容積は一定なので、出ていく空気の分入ってくる)

 

ということは、必然的に給気口は汚れてしまうんです。

 

汚れるのは空気が流れている証拠なので、定期的に掃除をしてキレイな空気を維持していきましょう!

 

「汚れ」でお悩みの方はご相談ください。TEL:0120-954-012 TEL:047-455-3652 FAX:047-455-3652 株式会社コーデテーラー