浴室の汚れが気になるので、浴室エプロン内掃除のご依頼です

浴室エプロン内は汚れている

東京都八王子市のお客様から『浴室の汚れは自分で掃除してるんですけど、浴室エプロン内の掃除はしたことがないのでお願いしたいんです』とのご依頼です。

築14年のマンションで浴室エプロン内は見たことがないそうです。

 

まずはエプロンをはずしていきます。

エプロンの下に付いているフックを回すと取れるタイプですね。

 

バスタブにカビが・・・

 

浴室エプロンを外して中を見てみると、バスタブにカビが生えています!

バスタブの下には湯泥も溜まっていて、嫌な臭いがしてきます。

 

バスタブの横の隙間からシャンプーや石けんカス、髪の毛などが入ってしまい湯泥となって溜まってしまったんですね。

エプロン内は蓋がされた状態で湿度が高く浴室も温度が高くなりますので、カビが繁殖しやすい35~40℃で多湿になりがちです。

カビを増殖させないためには日頃から掃除が必要ですね!

 

エプロン内高圧洗浄

エプロン内を高圧洗浄していきます。

手の届かないバスタブの裏や下の汚れを高圧洗浄します。

 

バスタブやエプロン内は除カビ剤を使ってカビを除去します。

カビは毒を分泌する種類もあり、発がん物質や喘息などのアレルギー疾患の原因となることもありますので、毎日入る浴室は清潔に保たなければいけませんね!

カビは水分(湿度)、温度、栄養素、酸素があるところで増殖します。

浴室は湿度、温度が高くなってしまう場所なので、汚れを溜めない(栄養素を減らす)ことを心がけていきましょう。

 

浴室掃除はエプロンの中まで

 

湯泥とカビを除去して綺麗になりました。

エプロンの外し方がわからないとか、外したら着けられなくなりそうなどの不安がある方は弊社へお任せください。

ご自分で出来るようでしたら、浴室掃除はエプロンの中も定期的にした方が良いですね!

 

お客様にもご確認いただき『綺麗になりましたね。臭いもなくなったので、気持ちよくお風呂に入れます。自分で外すのは怖いから、またお願いします。』とお喜びいただきました。

 

マンションの浴室

マンションの浴室はバスタブのお湯を抜くと、バスタブの下にお湯が溜まってから流れていく仕組みとなっています。

エプロン内を掃除していないとバスタブの下で髪の毛などが溜まってしまって流れが悪くなったり詰まってしまう恐れもありますので、排水口の掃除も含めてエプロン内の掃除をお薦めしています。