浴槽に黒い汚れがたまるので、お風呂の追い焚き掃除のご依頼です 東京都北区

浴槽循環口から黒い砂みたいなものが出る

東京都北区のお客様から『最近賃貸マンションに引っ越したんですけど、湯はりをすると浴槽に黒い汚れがたまるのでお風呂の追い焚き掃除をお願いしたいんです。』とのご依頼をいただきました。

築24年の賃貸マンションでお風呂に入ろうと湯はりをしたら浴槽循環口から黒い砂のようなものが出てきて入るのが怖くなったそうです。

 

 

伺って浴槽を見てみると黒く汚れています。

前に湯はりをしたときのままにしていただいていたのですが、確かに砂のような感じです。

 

流して綺麗にしてから湯はりをしてみると砂のようなものが出てきました。

(フラッシュが光って映ってしまったので見えにくいですが、砂のようなものが出ています)

 

以前の入居者様がどのように使っていたかわかりませんが、追い焚きしたときに砂が入ってしまったのであれば砂が出てくることもありますが浴槽に砂が大量に入ることは考えにくいですね。

 

 

浴槽循環口を外して見てみると黒く汚れています。

この汚れも原因の一つかもしれません。

 

 

浴槽循環口のお湯が出てくるところは湯垢がたまっています。

掃除しておかないと湯はりをしたときにこの湯垢も出てくるようになってしまいますね。

湯垢は雑菌が繁殖して出来るぬめりが原因となっているので、綺麗なお風呂に入る為にも浴槽循環口の掃除は大切です。

 

 

浴槽循環口の根本の方も掃除します。

湯垢や入浴剤などが付着して固まっていますので、周りや内部をしっかりとブラッシングして綺麗になりました。

 

配管の錆が原因?

 

築24年のマンションですので配管の錆が出てきているのかと思い給湯器の追い焚き配管を確認しましたが、追い焚き配管は樹脂製でしたのでここが原因ではないようです。

ただし、給湯器の異常燃焼でススが出てくることや熱交換器や給湯器内、浴槽循環口の配管の錆の可能性もありますね。

 

様子をみながらお風呂の追い焚き掃除を開始します。

 

赤ちゃんがお風呂のお湯を飲む

 

お風呂の追い焚き掃除をすると黒い湯垢の塊が浮いてきました。

更に洗浄剤を循環させると茶色く湯垢が溶け出してきます。

 

お客様は生後半年の赤ちゃんがお風呂のお湯を飲むこともあるから心配だとおっしゃっていました。

気を付けてお風呂に入れていても赤ちゃんが動いた拍子にお湯が口に入ってしまうことがあります。

そのときに汚れや雑菌があるお風呂は心配ですね!

 

 

お風呂の追い焚き掃除を続けているとかなりの汚れが浮いてきました。

以前お住まいだった方の皮脂汚れや入浴剤などがたまっていたんですね。

 

賃貸マンションでは空室になるとハウスクリーニングが入りますが、空室清掃ではお風呂の追い焚き掃除はしないんです。

ですので前の住人の汚れがたまったままになっていますので、引っ越したらお風呂の追い焚き掃除は必須ですね!

 

 

お風呂の追い焚き掃除が終わり追い焚き配管を濯いで完了です。

湯はりをしてみると砂のような汚れも出なくなりました。

 

湯はりの時には追い焚き配管を通って浴槽にお湯がたまりますので、追い焚き配管を掃除しておかないと雑菌や汚れが出てきてしまうんです。

 

砂のような汚れが出なくなって良かったです。あの汚れが出てるお風呂で赤ちゃんがお風呂のお湯を飲むことも考えるとゾッとしますね!ありがとうございました。』とお喜びいただきました。

弊社の追い焚き掃除ではレジオネラ菌、大腸菌、o157、黒カビなどの除菌をし、綺麗なお風呂に入るお手伝いをしています。

 

浴槽に黒い汚れが出るときはお風呂の追い焚き掃除をおすすめしています。

 

「汚れ」でお悩みの方はご相談ください。TEL:0120-954-012 TEL:047-455-3652 FAX:047-455-3652 株式会社コーデテーラー