湯はりをすると浴槽に黒いカスが浮くので、追いだき配管洗浄のご依頼です 世田谷区

循環金具のカバーは洗っている

東京都世田谷区のお客様から『湯はりをすると浴槽に黒いカスが浮いていることがあるんです。今まで追いだき配管洗浄は業者へ依頼したことがないのでお願いします。』とのご依頼をいただきました。

築16年のマンションでたまに市販の洗浄剤で追いだき配管洗浄はしていたそうです。

 

 

伺って湯はりをしてみると浴槽に黒いカスが出てきました。

お客様はこれが気になっているようです。

 

 

循環金具のカバーはご自身で掃除しているとのことで綺麗ですね!

掃除するときに外すと循環金具のカバーの内側に黒いカスが付いていて中から出てきていると思ったそうです。

 

 

 

循環金具を外してみると白く汚れています。

お客様へ伺ってみるとたまに入浴剤を入れているそうで、湯垢と入浴剤で汚れてしまっていたんですね。

循環金具は常にお湯に触れる場所ですので汚れが付着しやすくなっています。

循環金具の分解清掃をご自分でやるのは難しい場合がありますので、専門業者へお任せ下さい!

 

追いだきで入浴剤が循環する

 

追いだき配管洗浄をしてみると茶色い湯垢とともに黒いカスがたくさん浮いてきました。

良く見ると真っ黒ではなく、少し緑色がかっています。

追いだきで入浴剤が循環してしまい、追いだき配管や給湯器の中で16年分の湯垢、入浴剤が固まってしまったのかもしれません。

 

 

ゆっくり時間をかけて除菌し、ぬめり(バイオフィルム)を除去します。

弊社では人体に影響のない洗浄剤を使用していますので、お子様やご高齢の方でも安心して施工を受けていただけます。

湯はりと追いだきは同じ配管を使っていますので、追いだき配管を洗浄すると綺麗なお湯でお風呂に入れるようになります!

 

洗浄が終わり排水してみると浴槽に黒いカスと汚れが付着しています。

浴槽を洗って追いだき配管内を濯げば完了です。

 

浴槽エプロンクリーニング

 

 

追いだき配管洗浄と同時に浴槽エプロンクリーニングもお申込みいただきました。

浴槽エプロンを外してみると浴槽の裏側は黒カビが生え、浴槽の脇や下には汚れが溜まっています。

 

浴槽エプロン内は湿度が高く温度が適温の為にカビが生えてしまうんです。

カビは喘息、鼻炎、皮膚炎などの原因となることもありますので注意が必要です。

また、浴槽の下には石鹸カスや髪の毛などが溜まってしまいますので、定期的にクリーニングしないと悪臭の原因となります。

 

浴槽裏の汚れ

 

他社様での浴槽エプロンクリーニングでは前の方から手が届く範囲での作業ですが、弊社では浴槽が動けば手前に引き出して作業しています。

浴槽裏には高圧洗浄でも届かないところに汚れがありますので、人が入れればしっかりと汚れを落とすことができます。

 

また、浴槽を動かすことで浴槽の下にも手が入るようになりますので石鹸カスや髪の毛を除去することができます。

 

マンションのユニットバスは浴槽の下が防水パンのようになっていて、浴槽のお湯を抜くと1度浴槽の下に溜まってから排水されます。

そのときに皮脂汚れや入浴剤なども浴槽のしたに溜まりますので汚れが酷くなってしまうんです。

夏はシャワーしか使わない方もいらっしゃると思いますが、汚れが乾いて固まって頑固な汚れになってしまいます。

 

 

 

浴槽裏側のカビ、汚れが綺麗になりました。

 

浴槽の黒いカス、エプロン内は気になってたので綺麗になって嬉しいです。やっぱり自分ではここまで出来ないので、気持ちよくお風呂に入れます。』とお喜びいただきました。

 

これから梅雨に入りますので菌の繁殖も活発になってきます。

嫌な匂いやカビを防ぐ為にも追いだき配管洗浄、浴槽エプロンクリーニングをお勧めしています。

 

「汚れ」でお悩みの方はご相談ください。TEL:0120-954-012 TEL:047-455-3652 FAX:047-455-3652 株式会社コーデテーラー