赤ちゃんを湯船に入れる前に給湯器を掃除したいとのご依頼です 江戸川区

赤ちゃんのいるお宅の追い焚き配管洗浄

東京都江戸川区の一戸建てで追い焚き配管洗浄のご依頼をいただきました。

 

赤ちゃんが生まれて3か月。

もう少しで赤ちゃんを湯船に入れようと思っていたんだけど、そういえば給湯器を掃除したことない!!

と思ってご連絡いただいたそうです。

 

給湯器のフィルター

 

給湯器のフィルターを外します。

フィルターを外すと循環金具と呼ばれるお湯の吸い込み口、吐き出し口が一体となっている部品がありますので、これも分解して掃除します。

見てみると白い入浴剤と湯垢が少し付いています。

 

 

循環金具や給湯器フィルターを掃除していないと追い焚きで温まって戻ってきたお湯や湯はりで新しくためるお湯に湯垢が混じって出てくることもありますので、定期的な掃除が必要ですね。

循環金具は色々な形状があり無理に外すと壊れてしまったり、付ける向きを間違えるとちゃんと追い焚きしなくなってしまうこともありますので、プロにお任せください

 

掃除、除菌をしてキレイになりました!

 

給湯器の配管洗浄

 

給湯器の配管洗浄をしていきます。

 

築2年で今まではお二人で使ってたこともあって比較的キレイでした。

じっくり洗浄していると湯垢が溶け出して浮いてきました。

 

雑菌は透明(目に見えません)ですので、抵抗力の高くない赤ちゃんの為にも除菌は必要ですね。

給湯器の配管洗浄をしていないと自動湯はりでためる最初のお湯も追い焚きと同じ配管を使いますので、雑菌だらけのお湯になってしまいます。

 

一番最初だからキレイと思って赤ちゃんを湯船に入れようとしていたのに、最初のお湯から汚れていたら嫌ですね!

 

給湯器の掃除が出来て良かったです。赤ちゃんをお風呂に入れる前に除菌しないと心配だったので、安心してお風呂が使えます。』とお喜びいただきました。

 

赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんのアトピーの原因はさまざまありますが、塩素による乾燥も皮膚を刺激する一つの要因となっています。

お湯の残留塩素を抜く為に入浴剤を使っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、入浴剤を入れて追い焚きしていると給湯器や追い焚き配管内に残り、湯垢がたまる原因となります。

 

湯垢には雑菌ががいますのでやはり肌にはよくありません。

塩素対策にビタミンCや入浴剤を使っている方には、風呂釜洗浄をおすすめしています。

 

塩素を抜くフィルターが入っているシャワーヘッドなども販売されていますので、赤ちゃんの肌の乾燥が気になる方は使ってみてはいかがでしょうか。

 

料金表