追い焚きしながら入浴剤を入れてませんか?

入浴剤によっては給湯器を痛めることもある

岩塩や温泉地のお土産の入浴剤などに含まれる硫黄成分が銅で出来ている給湯器の熱交換器を腐食させたり、詰まらせたり、穴を開けたりしてしまうことがあります。

 

追い焚きは浴槽のお湯を給湯器に吸い上げてその成分ごと沸かされますので熱交換器が痛みます。

特に安売りしている外国製の何が入っているかわからないようなものは控えるようにしましょう。(以前に外国製の入浴剤が配管を詰まらせました)

 

銅配管が腐食するとそこに雑菌が繁殖しやすくなってしまったり、入浴剤の成分をエサにして雑菌が増殖し湯垢がたまっていったりします。

 

入浴剤は給湯器メーカーも使用を禁止しています。

壊れたら保証期間でも有償になることもあります。

 

また岩塩にも硫黄が含まれているものも多く浴槽を黒く変色させてしまい、掃除しても色が取れなくなることがありますので注意が必要です。

 

自動湯はり

 

湯船にお湯を張るときは『自動湯はり機能』を使っている方が多いと思います。

自動湯はりが完了すると設定した水位、温度で止まりますが、すぐに入らなかったり2、3人目の方が入る頃にはぬるくなってしまいますね。

そうなると給湯器が自動で追い焚きをかけていますので、いつの間にか追い焚きで入浴剤が入ってしまっています。

 

さらに生活の関係上、お風呂に入る時間がバラバラなご家庭は必然的に追い焚きを使う機会が増えると思います。

追い焚き配管の中は沈殿し付着した入浴剤に雑菌が繁殖しますので定期的な本格洗浄が必要です。

 

【にごり湯系入浴剤 】

乳白色や白濁する入浴剤は「無機系酸化チタン」が含まれている場合があります。この「酸化チタン」が研磨剤となり、繰り返し使用されますと給湯機器や風呂釜の内部を劣化させたり、故障の原因になる可能性があります。

出典よくあるご質問|【ノーリツ】の給湯器・湯沸かし器

【牛乳やお茶、お酒などの飲料やゆずなどの食物を入浴剤として使用する場合 】

牛乳などの飲料、ゆずなど食物のカスは細菌、微生物のエサとなり、繁殖しやすくなります。

入浴剤を入れたら追い焚きのボタンを押さないようにしましょう。

本格的な給湯器、追い焚き配管の洗浄はお問い合わせください。