風呂給湯口にカビが生えているので追い焚き除菌のご依頼です

風呂給湯口を掃除しようと思ったらカビが生えていた!

東京都杉並区のお客様から『風呂給湯口を掃除しようと思ってフィルターを外したらカビが生えてたんです。追い焚きも使ってたので中にもカビが入ってますよね?追い焚き除菌をお願いします。』とのご依頼をいただきました。

築17年のマンションでご家族4人でお住まいです。

 

 

お風呂掃除のときに風呂給湯口のフィルターを外すこともあったそうですが、久しぶりにフィルターを外してみたらカビが生えていて、すぐに弊社を見つけてご連絡いただいたそうです。

伺って風呂給湯口を外してみると黒く汚れています。(見せる為に掃除せずそのままにしていただいたそうです)

 

風呂給湯口カバーを掃除

 

風呂給湯口カバーを見てみるとこちらも黒く汚れてしまっています。

気温が上がってくると菌の活動も活発になりますので、徐カビ剤で掃除します。

 

 

風呂給湯口を外して掃除していきます。

普段は風呂給湯口カバーまではご自分で外せると思いますが、風呂給湯口の脱着は知識と工具が必要となるので専門家にお任せください。

 

 

風呂給湯口も除カビ剤で掃除して綺麗になりました。

風呂給湯口は複雑な形状で汚れが溜まりやすくなりますので、分解掃除が必要です。

 

 

風呂給湯口を外した根本の部分にも汚れがたくさん付いています。

こちらもブラシを使って掃除していくと、湯垢が取れて綺麗になりました。

湯垢は雑菌のの温床ですので溜めないように心がけたいですね!

 

風呂釜配管掃除

 

次に風呂釜配管掃除を開始します。

専用洗浄剤を循環させていくと最初はあまり出ませんでしたが、徐々に湯垢が溶け出して浮いてきました。

マンションの風呂釜配管は長いので追い焚きをしたときに入浴剤や皮脂汚れを吸って配管内に残ったものが固まってしまったのだと思います。

 

 

風呂釜配管掃除をしていないと風呂釜配管内で雑菌が繁殖してぬめりを発生させます。

塩素からぬめりに守られて雑菌が増殖すると感染症の危険性もありますので追い焚き除菌が必要ですね。

さらに風呂釜配管内のぬめりを放っておくとゼリー状に固まり湯垢となって溜まっていきますので、定期的な風呂釜配管掃除をおすすめしています。

 

 

風呂釜配管掃除だ終わりレジオネラ属菌、大腸菌群の除菌が出来ました。

風呂釜配管を濯いでお渡しして完了です。

 

最近風呂給湯口を掃除してなかったのでカビが生えちゃったんですね。追い焚きも除菌していただいたので、安心してお風呂に入れます。』とお喜びいただきました。

 

湯船のカビを検査

湯船のカビを検査しました。

 

風呂釜洗浄前後のカビの培養結果です。

洗浄後はカビが減っていることがわかりますね。

 

風呂給湯口だけでなく風呂釜配管内にもカビ菌は入ってしまいます。

風呂釜配管は湯はりのときにも使われているので追い焚き除菌をしていないと湯船に溜めた新しいお湯に持カビ菌が入っていることになってしまいます。

風呂釜配管掃除で追い焚き除菌をして健康的に入浴しましょう。

 

料金表