風呂給湯口を掃除したいが自分で出来ないのでから風呂釜の掃除依頼です 葛飾区

風呂釜から汚いカスが出る

東京都葛飾区のお客様から『風呂釜から汚いカスみたいなのが出てくるようになったので風呂給湯口を掃除しようと思ったんですが自分では出来なかったので、風呂釜の掃除と一緒にお願いできますか?』とのご依頼をいただきました。

築12年のマンションで、ご家族4人でお住まいだそうです。

 

 

伺って湯はりをしてみると茶色いカスが出てきました。

お客様はこれが気になっていたようです。

 

新しいお湯を張って汚れが沈んでいたら嫌ですね!

 

風呂釜にヘドロが溜まっている

 

風呂給湯口を外してみると中の弁の辺りにヘドロが溜まっています。

お客様もご自分で風呂給湯口を掃除してみようと思ったそうですが、「外し方がわからないし壊してしまったらどうしよう・・・」と思って辞めたそうです。

風呂給湯口の中は複雑な形状になっていて、無理やり掃除しようとすると弁が壊れてしまったりすることもありますので専門家へお任せください!

 

 

浴槽側もベッタリとヘドロが付いています。

追い焚きをすると風呂釜にヘドロが入ってしまっていますね。

こちらも掃除すると綺麗になりました!

 

 

風呂給湯口を掃除したときに出た汚れがこれです。

湯垢、皮脂汚れ、入浴剤だと思われます。

追い焚きするときは風呂給湯口からお湯を吸って風呂釜までを循環して温まりますので、入り口となる風呂給湯口は汚れやすいんですね。

湯はりをするときも風呂給湯口からお湯が出てきて溜まりますので、しっかりと掃除して綺麗なお湯でお風呂に入りたいですね。

 

風呂釜に入浴剤が入っている

 

風呂釜の掃除をしてみるとヘドロが溶け出して出てきました。

黄色っぽく見えます。

 

お客様に伺ってみると『最近は使ってないけど、前は入浴剤を使ってましたね。子供がお風呂に入ると痒がるので保湿になると思って使ってました。』とのことで、風呂釜に入浴剤が入ってしまってます。

色々な入浴剤がありますが、どの入浴剤も追い焚き配管や風呂釜の中や部品などに付着して残ってしまいますので、入浴剤を使っている場合は早めに風呂釜の掃除をおすすめしています。

(入浴剤が風呂釜の部品に溜まってエラーを起こしたこともあります)

 

風呂釜の掃除が終わり排水してみると浴槽に茶色くヘドロが付いています。

かなり汚れていたことがわかりますね。

 

中をすすいで綺麗にしたら完了です!

 

かなり汚れが溜まってましたね。風呂釜の掃除を頼むのは初めてだったんですけど、綺麗にしてくれてありがとうございました。』とお喜びいただきました。

 

バスソルトが風呂釜を痛める?

入浴するときに入浴剤やバスソルトを入れて入ることもあると思います。

入浴剤やバスソルトは成分によっては浴槽が錆びたり風呂釜を痛めることがあります。

 

バスソルトが風呂釜に入ると風呂釜内部の配管や熱交換器は銅で出来ているので錆びてしまうんですね。

 

        

風呂釜や配管が錆びるとこのような黒や緑色の錆(緑青)が出ることがあります。

他にも硫黄成分が入っている温泉の素(湯の花など)も風呂釜を痛めることになりますので、使うときには追い焚きをしない方が良いでしょう。

 

給湯器メーカーでも風呂釜に入浴剤を使うときは注意が必要だと言っています。

バスソルトを風呂釜に使うときも気を付けなければいけませんね。

 

浴槽の底が見える程度の透明感のある入浴剤で、パッケージに「ふろがまや浴槽をいためません。」「全自動強制循環式ふろがまにもお使いいただけます。」「ふろがまや浴槽をいためるイオウは入っていません。」などという記載があるものをご使用ください。なお記載のない場合は入浴剤メーカー様にお問い合わせください。入浴剤を使用するときは、説明書をよくお読みいただき、決められた濃度で使用後は追いだき配管の洗浄をしてください。
【にごり湯系入浴剤 】 
乳白色や白濁する入浴剤は「無機系酸化チタン」が含まれている場合があります。この「酸化チタン」が研磨剤となり、繰り返し使用されますと給湯機器やふろがまの内部を劣化させたり、故障の原因になる可能性があります。またジェットバスの場合、内蔵された「ろ過器」内で入浴剤が沈殿堆積すると、ろ過性能が低下する可能性があります。
【腐食性のある入浴剤 】 
硫黄成分が入っているもの(温泉地などで売られている「湯の花」など)やソルト(塩)系の入浴剤を繰り返し使用されますと、金属を腐食させる場合があり、給湯機器やふろがまの故障の原因となる可能性があります。
【発泡系入浴剤 】 
炭酸ガスを発生させる入浴剤など、泡が循環経路に入りますと、異音が出たり、エアがみを起こして給湯機器やふろがまの循環機能が正常に働かなくなる可能性があります。ガスが発生している間は「追いだき」をしないでください。またジェットバスの場合も、入浴剤の泡が配管経路に入り、異音が出たり、ポンプの能力が著しくダウンして故障の原因になる場合がありますので、完全に泡が消えてからジェットの運転を行なってください。
【牛乳やお茶、お酒などの飲料やゆずなどの食物を入浴剤として使用する場合 】 
牛乳などの飲料、ゆずなど食物のカスは細菌、微生物のエサとなり、繁殖しやすくなります。ご使用後は、追いだき配管内を洗浄することをおすすめいたします。

株式会社ノーリツ出典

http://www.noritz.co.jp/product/aftersupport/faq.html