風呂釜から汚れが出るので、風呂釜1つ穴掃除のご依頼です 江東区

風呂釜1つ穴から汚れが出る

東京都江東区のお客様から『風呂釜から汚れが出るので風呂釜1つ穴掃除をお願いします。』とのご依頼をいただきました。

築13年のマンションにお住まいで中学生のお子様がいらっしゃるご家庭です。

 

 

伺って自動湯はりをしてみます。

自動湯はりをしたときに風呂釜1つ穴から汚れの固まりのようなものが出ているそうです。

 

 

湯はりをしていると茶色い塊が出てきました。

すくって見てみると繊維の固まりのように見えます。

 

風呂釜1つ穴を外してみると弁のところに繊維の固まりが溜まっています!

これが湯はりの時の水圧で出てきていたんですね。

 

お客様に伺ってみると『雨が続いたりすると浴室乾燥を使ったりしますね。もしかして浴室乾燥で服の繊維が飛んだのが風呂釜1つ穴に溜まってるんですか?』とのことで、浴室乾燥機で衣類乾燥をしたときの繊維が追い焚きをしたときに風呂釜に吸われてしまって、湯はりの時に出てきていたようです。

追い焚きと自動湯はりは同じ配管を使っているので、繊維が押し出されたんですね。

 

風呂釜の菌

 

風呂釜1つ穴掃除をします。

洗浄剤を入れてみると湯垢が溶けたような汚れが出てきました。

 

風呂釜に菌が繁殖するとぬめり(バリア)を発生させ塩素などの消毒剤から守られて増殖していきます。

増殖するとぬめりを突き破って追い焚きや湯はりのお湯に交じって浴槽で出てきてしまいますので、直接肌に触れる浴槽のお湯、風呂釜の菌は除菌しておいた方が良いでしょう。

 

弊社の風呂釜洗浄剤は素手で作業出来るほど優しい洗浄剤を使用していますので、赤ちゃんや抵抗力の低下しているご高齢者様でも安心してご依頼いただけます。

さらに公衆浴場で死亡事故の起こっている「レジオネラ属菌」や「大腸菌群」も死滅させます。

 

風呂釜1つ穴掃除も終わり汚れが出なくなりましたので、濯いでお渡しです。

 

まさか服の繊維が出てきていたなんて思いませんでした。これからはアドバイスをいただいた通り浴室乾燥を使うときは蓋をするか、浴槽をよく洗ってから使うようにします。』とのことで、原因がわかってお喜びいただきました。

しかし、風呂釜内部(センサーや部品など)に繊維が溜まっている可能性もあり、今後も様子をみていただくようお伝えしました。

 

湯垢の除去、配管の除菌は出来ますが繊維を溶かしたりは出来ませんので、使いながら繊維が全部出てしまうのを待つしかないと思います。(繊維を溶かすような劇薬は風呂釜1つ穴掃除には使えません)

 

風呂釜の汚れでお困りのときは弊社へおまかせください。

 

料金表