風呂釜から黒い汚れが出てくるので風呂釜の洗浄をご依頼いただきました

自動湯はりや追い焚きをすると海苔のような汚れが出る

埼玉県和光市のお客様から『自動湯はりや追い焚きをすると海苔のような汚れが出るようになったので風呂釜の洗浄をお願いしたいんです』とのご依頼をいただきました。

築9年のマンションで毎日入浴剤を入れてお風呂に入るそうです。

 

浴槽フィルターを外す

 

浴槽からフィルターを外します。

表から見ると分かりづらいですが・・・裏を見ると汚れてしまっています。

フィルターは髪の毛などが風呂釜へ入っていかないように網目になっています。

定期的に外して掃除をしないと間詰まりして追い焚きが出来なくなってしまうことがあります。

 

歯ブラシなどで簡単に掃除出来ますので、月に1度くらい掃除するといいでしょう。

 

入浴剤が風呂釜に入る

 

自動湯はりしてみると藻というか海苔というか、そんな感じのものがお湯と一緒に出てきます。

入浴剤がお好きなようで、ほぼ毎日使っているそうです。

 

風呂釜の洗浄してみると緑色の汚れが出てきました。

海苔のような汚れが溶けだして出てきたんですね。

 

入浴剤は風呂釜や配管の中に入って沈殿してたまってしまいます。

その入浴剤に皮脂汚れや湯垢が付いていって雑菌の栄養源になってるんですね。

 

微生物やアメーバと一緒で藻も水があると繁殖します。

藻の胞子が飛んでいて、栄養素がたくさんあるところで繁殖してしまったのかもしれません。

 

9年間風呂釜の洗浄したことがなかったそうで『こんなに汚れが出てくるんですね。それじゃ、湯はりのときにも一緒に出ますね。今後も入浴剤は使うと思うので、こまめに風呂釜の洗浄するようにします』とお喜びいただきました。

お湯を張ってお風呂に入るときに藻のようなものが浮いていたら嫌ですよね。

これで気持ちよく入浴できるようになります。

 

 

追い焚きは循環式浴槽

 

追い焚きは循環式浴槽です。

浴槽のお湯が循環アダプターから吸われて風呂釜で温められて戻ってきます。

浴槽のお湯に入浴剤や湯垢、汚れが入っていれば、それは風呂釜や配管に入っていってしまうんですね。

 

浴槽を掃除するときにぬめりを感じることがあると思いますが、あのぬめりはバイオフィルムといって雑菌が増殖するときに自分の身を守る為に作られます。

ということは、ぬめりをしっかり掃除しないと雑菌が繁殖してしまうということなんです!

そして、それは浴槽だけではなく追い焚き配管や風呂釜内部でも同じことが起こっているので風呂釜の洗浄でぬめりを取ってあげる必要があるんです。

 

保湿の為に入浴剤を使ってお風呂に入る方も多いと思います。

入浴剤の箱の裏に書いてある説明書きをよく読んで、追い焚きしても大丈夫か確認してお使いください。

 

入浴剤が風呂釜や追いだき配管に蓄積される前に風呂釜の洗浄をおすすめします。