風呂釜洗いの洗浄剤でエコキュートの追い焚き配管を洗浄したが、白い汚れが出るので追い焚き配管洗浄依頼をいただきました 船橋市

エコキュートから汚れが出て困っている

千葉県船橋市にお住まいのお客様から『お風呂にお湯を張ると白い汚れが出るので風呂釜洗いの洗浄剤でエコキュートの追い焚き配管を洗浄してみたんですが、エコキュートの汚れがおさまらないので追い焚き配管洗浄をお願いします。』とのご依頼をいただきました。

築13年の一戸建てです。

 

お話を伺ってみると『以前は入浴剤を入れて入ってたけど、エコキュートから汚れが出るようになったので最近は使ってません。』とのことで、以前使っていた入浴剤と湯垢が配管の中やエコキュート本体にたまってしまってるのだと思います。

 

エコキュートの貯湯タンク

  

エコキュートの貯湯タンクを見てみます。

 

配線、配管が入り組んでいます。

エコキュートの追い焚き配管を外して、中をブラシで擦ってみると・・・

このブラシ、元は白いんです。

それがこんなに黄色くなりました!

 

エコキュートの追い焚き配管の中にこんな汚れがベッタリくっついていて、湯張りや追い焚きをするとお湯と一緒に出てきてるんですね。

入浴剤が配管内にたまって、湯垢がまたそこにたまってしまいどんどん汚れていきます。

 

エコキュートを洗浄

それではエコキュートを洗浄します。

 

まずは湯張りをします。

茶色い汚れが出てきました。

お風呂に入るときに湯垢が沈んでいたら嫌ですね。

 

湯垢の中には雑菌がいますので、雑菌風呂に入ることになってしまいます。

 

洗浄を開始しましたが、最初は思ったほど汚れが出てきません。

あの配管の汚れをみるともっと出てきそうですが・・・

 

 

しばらくすると汚れが出てきました。

配管の中で固まってしまっていて溶けて出てくるのに少し時間がかかったんですね!

それだけエコキュートに汚れがたまってしまっているということです。

 

汚れの色が白い汚れなどで薄いので写真だとわかりにくいですが、写真で見る以上に出てきています。

お客様も『こんなに汚れてたんですね!汚れが出てきて嫌だったので自分で風呂釜洗いの洗浄剤をやってみたけど、まだこんなに汚れが残ってたら出てきますね。』とビックリされていました。

 

エコキュートで入浴剤を使うと内部に残る

今回の汚れの原因は入浴剤を使っていたことでエコキュートの追い焚き配管に入浴剤がたまり、そこに湯垢が付着していって汚れが出るようになってしまったと思います。

入浴剤を入れて入る場合は追い焚きはせず、お風呂に入ったら捨ててしまうのが良いと思います。

しかし、お風呂に入る時間がバラバラで追い焚きを使うようであれば、定期的な追い焚き配管洗浄が必要です。

 

入浴剤を使っていなくても追い焚き配管は汚れていきますので、年に1度程度の本格的なエコキュート洗浄をおすすめしています。

 

コロナ製エコキュートの配管

 

今回はコロナ製エコキュートで配管に入浴剤、湯垢がたまってしまいました。

エコキュート内部の配管は銅、ゴムで作られていて、汚れがたまってしまいます。

 

ゴムの配管はお湯が通ると温まって少し柔らかくなり、入浴剤や湯垢などがくっつきやすくなるのではないかと思います。

さらに車のタイヤなどもそうですが、長く使っているとゴムが剥がれることもあります。

お湯が通って柔らかくなり、使わないと冷えてきて硬くなり、ということを繰り返しているうちに硬化して劣化していくんですね。

 

銅の配管は入浴剤の種類にもよりますが、腐食の原因となることもあります。

硫黄成分が入っている温泉の素や岩塩などは追い焚きを控えた方が良いですね。

 

入浴剤を使う場合は洗浄をおすすめします

入浴剤を使う場合は洗浄を定期的にし、説明書をよく読んでお使いください。

湯垢や入浴剤が配管内にたまると雑菌が増え、健康被害に繋がることもあります。

 

お子様やご高齢者、免疫力が低下しているときなどは十分注意が必要ですね。

 

その他にもユニットバスでは浴槽のお湯を排水すると1度浴槽の下にたまってから排水されるタイプが多いので、入浴剤が浴槽の下にもたまってしまうことになります。

浴槽のエプロン内は高温多湿で栄養源が豊富なので、カビが生える好条件となってしまってます。

 

追い焚き配管洗浄、浴槽エプロン内の清掃は年に1度をおすすめしています。

 

「汚れ」でお悩みの方はご相談ください。TEL:0120-954-012 TEL:047-455-3652 FAX:047-455-3652 株式会社コーデテーラー