jaxson製ジャグジーの循環洗浄をご依頼いただきました

jaxson製の風呂

東京都中央区のお客様から『jaxsonのジャグジーが付いてるんですけど、動かすと湯垢が出てくるので循環洗浄をお願いします。』とのご依頼をいただきました。

築13年のマンションです。

 

早速伺って作業を開始します。

 

浴室に入ってみると『jaxson』の風呂が付いています。

jaxsonは日本製の高級浴槽メーカーで、デザインが世界的な評価を受けています。

 

jaxsonの浴槽

 

循環洗浄を開始します。

洗浄剤を入れて循環させると汚れが浮いてきました。

普段使ってるときにも湯垢が出てくるということだったので、ジャグジーの配管やポンプの中に汚れがたまっているようです。

 

中で固まっていた汚れを溶かし出していきます。

お風呂に入るときには入浴剤を入れることも多いそうなので、入浴剤が中で沈殿して固まってしまっていますので時間をかけてしっかり洗浄していきます。

 

1度目の洗浄が終わり排水してみるとjaxsonの浴槽にベッタリと汚れが付いています。

 

マンションのジャグジーは浴槽の下にポンプがあり吸い込み口と吐き出し口がポンプと繋がっています。

ですので、配管長くはないのですがこれだけの汚れがたまっていたんですね。

 

ジャグジー付きjaxsonの手入れ

 

浴槽に付いている吸い込み口と吐き出し口を清掃していきます。

吐き出し口を外してみると・・・

洗浄剤で溶けだした汚れがベッタリと付いています!

吐き出し口の化粧カバーの内側に湯垢や入浴剤が固着していたんですね。

 

 

吐き出し口を分解して内部まで清掃します。

ジャグジーの種類にもよりますが、吐き出し口がたくさんあるとそれだけ配管の本数が多く、汚れる場所が増えてしまいます。

日頃からジャグジー付きjaxsonを手入れしたいところですが、吐き出し口の脱着は難しく壊してしまう危険性もありますので、専門家にお任せください!

 

 

ブラシで清掃してみるとゼリー状になった湯垢がたくさん出てきました!

 

このゼリー状の湯垢は菌が増殖するときに身から守る為に作り出される粘膜状のもので『バイオフィルム』と呼ばれています。

バイオフィルムに守られて菌が増殖していきますので、しっかりと除菌しなければいけませんね。

 

配管やポンプの中にバイオフィルムが出来始めると有機物を蓄積してどんどんとたまってしまいます。

 

吸い込み口、吐き出し口を付けて2度目の洗浄を開始します。

1度目の洗浄とは違って汚れが出ていないのがわかります。

2度目の洗浄が終わり濯いで作業完了です。

 

お客様も『使ってるときは少し汚れが出るなと思ってたら、中はこんなに汚れてたんですね。今後はもっと頻繁に洗浄をお願いするようにします。』と汚れを見てビックリされていました。

 

湯垢がたまってしまうと雑菌が増殖してしまうので、ためる前に洗浄するように心がけましょう。

 

ジャグジーの洗浄は時間がかかりますので、お時間があるときにお申込みください。

 

エアロゾルで感染

jaxsonに限らず水流がおきてエアロゾル化するジャグジーなどは、循環水のバイオフィルムをそのまま放置しているとレジオネラ肺炎に感染する恐れがあります。

2016年は千葉県の公衆浴場で2名エアロゾルで感染し、レジオネラ肺炎で死亡事故が起きています。

 

普段から浴槽を洗ってしっかりとぬめりを掃除するとともに、追い焚き配管やジャグジーなどの循環式浴槽の配管内を除菌してぬめりをためないことが大切です。

 

追い焚き、ジャグジーをお使いの方は1年に1度の洗浄をおすすめしています。

配管の循環洗浄はプロへお任せください!