コンテンツ

プロパンガス事業に風呂釜洗浄を追加

近年オール電化住宅が増えてきていますが、プロパンガスとオール電化はどちらがお得でしょうか。

 

プロパンガスとオール電化はどっちがお得?

オール電化契約は深夜電力などの電気料金が安い時間にエコキュートなどでお湯をためておくなどして昼間に電気を使わなければ光熱費が安く抑えられます。

しかし、実際の生活では夏、冬供にエアコンは昼間に使います。

IHクッキングヒーターも料理は深夜にしませんね。

そう考えるとお湯を沸かす時しか深夜電力を使っていないので、大きな太陽光パネルを付けて自家発電で昼間の電力を抑えるなどをしていないとあまりメリットはないかもしれません。

 

一方プロパンガスは値段が高いというイメージがあります。

プロパンガスの供給会社はたくさんあり、値段も会社によってまちまちです。

メリットとしては停電時でもガスコンロが使えるところです。

災害があって電気が止まると電源が必要な給湯器は使えませんが、ガスコンロやバランス釜、小型湯沸かし器などの電池(もしくは手動)で使える器具は使用できます。

しかし、暖房を使うったり湯船に入る冬場などは光熱費が高くなり、オール電化やエコキュートに変えるご家庭が増えています。

 

プロパンガスからエコキュートへ

新築時にオール電化にしたり、給湯器が壊れたときなどはエコキュートに換えるという選択肢があります。

ガス給湯器には湯切れしないというメリットがあり、エコキュートは貯湯タンクのお湯がなくなってしまうと沸かしなおすのに半日近くかかってしまうこともあります。

しかも、ガスコンロや暖房機はガスを残して給湯器だけエコキュートにしてもオール電化契約ではない為、深夜の電力は安くありません。(高いという意味ではなく、今までより安くならない)

 

あとからエコキュートを取り付ける場合は今まで給湯器があった場所にスペースがない場合に移設する必要がありますので、配管の延長工事費がかかることもあります。

プロパンガスは月々の光熱費が高いということもありますが、エコキュートにして大きなメリットを得られるかは微妙なところですね

 

プロパンガスから切り替えさせない為に

プロパンガスから他燃料へ切り替えられてしまうと消費量が下がり売り上げが下がってしまいます。

オール電化は営業会社がたくさんありますので、今後増えてくる可能性があります。

 

しかし、ガス供給の価格を下げればいいかというと価格を下げた分だけ利益が減りますので経営を圧迫していきます。

今まで以上のお客様からの信頼やサービスの充実が求められています。

 

給湯器販売時の付加サービス

給湯器の販売やリフォームなどで浴室を新しくするときには給湯器、ユニットバスだけを新しくして追い焚き配管は再使用することがほとんどです。

折角新しくなった給湯器、お風呂に追い焚き配管が汚れていると汚いお湯が流れてくることになってしまいます。

給湯器や浴室を換えるときに追い焚きの配管も洗浄しておくと、お客様にとって非常に嬉しいサービスとなります。

 

また、浴室のリフォーム時に浴室乾燥暖房機を取り付けることも多くなっていますが、マンションなどでは排気ダクトが汚れたままになっていて浴室換気扇だけを変えてもダクトから機械内部へホコリが入ってきてしまうことになります。

リフォーム時にダクト清掃を行うことでお客様満足度を高めることが出来ます。

 

ガスボンベの交換時にお声がけ

プロパンガスのガスボンベを交換に伺うときにお困りごとなどをお聞きすることも多いと思います。

その中で追い焚きや湯はり時に汚れが出る、お湯のニオイが臭いなどのお声もあります。

お客様の快適な生活をお助けすることで信頼関係が生まれ、電化対策として地域に根付いていきます。

 

風呂釜洗浄サービスとは

追い焚きは循環式となりますので、追い焚き配管内や給湯器内部には皮脂汚れ、入浴剤などがたまり雑菌の温床となります。

雑菌は身を守る為にバイオフィルムを形成し湯垢となって蓄積します。

弊社では追い焚き配管内を除菌し雑菌を死滅させることで湯垢を取り除きます。

 

お風呂に入る方の健康サポートやお悩みを解決するための事業となりますので、地域住民へのサービスとしてお使いいただけます。

現在は追い焚き機能が付いていない住宅の方が少ないので、営業先は無数にある状態です。

 

電化対策、プロパンガスからの切り替えを減らしていく為のご提案として風呂釜洗浄サービスをおすすめしています。

 

資料請求はこちら