コンテンツ

手に職をつけて開業するには

現在従事しているお仕事で独立する場合は知識、経験がある状態からスタートできますが、未経験の職種での独立開業となると技術やノウハウを学ぶ必要があります。

しかも専門職では長年の下積み、現場経験がないと、いざ独立して仕事を始めてもしっかりとした作業が出来ずお客様にご迷惑をかけることさえあります。

 

未経験の専門職

そんなときに安心して始められるのは『フランチャイズ』ですね。

フランチャイズには長年の経験やノウハウ、今まで開業してきた先輩オーナーの成功体験など、自分で1から始めるよりもアドバイスやノウハウによって未経験の専門職でも成功しやすいと言えるでしょう。

(ただし、全てのオーナー様が成功するとは限りません)

 

フランチャイズのデメリット

しかし、フランチャイズのデメリットもあります。

  • 開業費が高い
  • 広告分担金、ロイヤリティが高額
  • 仕入れは本部指定のもののみで、同じようなものでも別の仕入れ先から安いものは買えない
  • フランチャイズ本部のブランドイメージに左右される

 

など決してメリットばかりではありません。

 

どんな職業がある?

飲食店、マッサージ、学習塾、リペアなど様々なジャンルで開業が可能ですが、店舗を持つ仕事はテナント料が発生します(固定経費がかかる)ので、毎月の売り上げが見込めない場合はなかなか難しい選択となります。

 

ハウスクリーニングや壁紙、フローリングの張替など現場に出向く仕事であれば自宅兼会社として、家賃の半分を経費に入れるなど節税対策も可能です。

 

ハウスクリーニングの需要

ハウスクリーニングの需要は伸びてきています。

アベノミクスの成長戦略の柱である『女性の社会進出』によって共働きのご家庭が増えていくと思います。

 

仕事と家事を両立せず、専門的な清掃はハウスクリーニング業者へ任せるというニーズが高くなる傾向にあります。

(それに伴って家事代行サービスの市場も伸びてくると予想されます。)

 

しかし、ハウスクリーニング業者は全国で1万社を超えています。

業者が増えると必ず起こるのが『価格競争』です。

 

他業者との差別化を図っていく必要があります。

 

差別化を図るには

差別化を図ると他業者が手を付けていないお客様の痒いところに手が届くようなサービスを提供できます。

 

私達がおすすめしている『風呂釜洗浄サービス』は今までいなかった本格的な追い焚き配管洗浄サービスです。

 

給湯器の知識や浴室の設備の仕組みなど、プロになる為の知識、技術を習得できるコースとなります。

他社との差別化を図り手に職をつけて開業し、お客様から選ばれる業者になりましょう!

 

資料請求はこちら