コンテンツ

独立しやすい職業とは

独立と一言で言っても色々な独立の仕方があります。

  • 勤めていた会社と同じ仕事で独立する
  • 自分の考えたアイデア、商品を売って独立する
  • 業務委託契約など仕事の斡旋を受けて独立する
  • 新たな技術を習得し、未経験事業を開始する

など自分で事業をしていくことで独立することになります。

 

安定収入を得るには

独立後すぐに安定収入を得るには以前勤めていた会社の下請け業務や、業務委託による仕事の斡旋が考えられます。

しかし、勤めていた会社からの独立であれば会社員時代よりも『人件費を削りたい、都合の良いときだけ使いたい』のが会社の考えになるはずなので、新規の仕事を他で取らない限り収入は落ちるでしょう。

 

また、業務委託など仕事の斡旋をしてくれる場合には中間マージンを取られていることが多く、『業務量はあっても単価が安い、休みが取れない』や『仕事量が少ないときは収入が減る』といったことがあります。

 

事業主として独立

逆に自分で考えたアイデアや、新たな技術、商材を販売していくと売る伝手があったり取引先、販売方法の確立が出来れば、爆発的な収益をあげることができます。

 

ただし、営業、販売ルートの確立など取材を提供する相手を見つけることが必要です。

 

事業主として独立するにはどちらが良いかは各々の判断となりますね。

 

フランチャイズに加盟

独立するときにはフランチャイズに加盟するという方法もあります。

もうすでに確立されたノウハウを習得することで、ブランドイメージや技術の習得が独学、自社ブランドよりもしやすくなります。

 

現在フランチャイズは多岐に渡り業種が増えています。

飲食店、マッサージ店、清掃業など普段生活しているだけでも色々なフランチャイズ店舗を見かけると思います。

 

フランチャイズのメリット

フランチャイズノメリットは

  • チェーン店のマーク、イメージを利用できるのでそれだけで宣伝になる。
  • その事業の経験がなくても、本部の指導で事業を開始できる。
  • フランチャイズ本部からの仕入れルートの確保、販売促進物品の提供が受けられる。
  • 広告・宣伝など、フランチャイズ全体で販売促進活動をするため周知しやすい。

 

フランチャイズのデメリット

フランチャイズのデメリットは

  • フランチャイズのイメージ、取り扱い商品、サービス、メニューなどすべて本部の方針に従わなくてはならない。
  • 勝手に指定以外のサービスを展開したり、指定外の物を使うなどにも制約がある。
  • 仕入れ先が決まっている為、他の安いところから部材を仕入れられない。
  • 宣伝広告費の分担金やロイヤリティなどの費用負担を強いられる。
  • 契約期間途中での事業終了には違約金が発生する(契約期間内は事業を終了してもロイヤリティが発生する)などの条件がある。

 

これらのポイントをふまえて、自分に合った事業形態を選んでいくのが良いと思います。

 

ハウスクリーニングでフランチャイズ

ハウスクリーニングにもフランチャイズがあります。

 

ハウスクリーニング業界は大きな市場となっており、1000億円市場と言われています。

アベノミクスで女性の社会進出が増え、さらに需要は増える可能性があります。

 

しかし、需要と共にハウスクリーニング業者の数も増えています。

大手ハウスクリーニング会社以外にも個人事業主、不動産会社の下請け。

 

業者の数が増えすぎたために、価格競争は熾烈を極めています。

(空室1Rの掃除が6,000円、エアコン掃除が5,000円)

 

ハウスクリーニングにプラスで差別化

弊社の技術提供はハウスクリーニング、リフォーム、訪問や宅配ビジネスとの相性が良いです。

お客様へのアフターフォローや定期清掃、合い見積もり時のプラス提案など様々な場面で活用いただけます。

 

ハウスクリーニングは一見独立しやすい職業と思われますが、技術やノウハウ、ライバルも多くいます。

現在の事業に追加、新規一転独立など、弊社の技術支援をご活用ください。

 

弊社の事業展開

 

昨日は出張で福岡へ

追い炊き洗浄のご依頼で全国お伺いしています。

各地域でもっと対応店ができて欲しいですね。

 

風呂釜洗浄は追い炊き付給湯器が付いていればどこでも作業可能です。

(全国どこにでもある仕事です)

 

ダクト清掃はマンション、テナント、病院、老人ホーム、学校などダクトがある住宅、施設は清掃の対象となります。

 

生活の中でアレルゲンが多数存在します。

感染症予防のためにも除菌作業が必要となっています。

 

説明会のご予約はこちら