24時間換気がカビ臭いので、24時間換気のダクト清掃依頼です 所沢市

床下にロスナイ換気システムがある

埼玉県所沢市のお客様から『24時間換気がカビ臭くて気になるんです。特に雨が降ったあとはカビの臭いがしてリビング中が臭います。24時間換気のダクト清掃をしてもらえますか?』とのお問い合わせをいただきました。

築7年の戸建て住宅でセキスイハイムで建てられたそうです。

快適エアリー(エアーファクトリー)という換気システムとなっていて、室内の温度や湿度を快適にしてくれるようになっています。

 

しかし、少し前からカビ臭くなってしまいメーカーの担当者さんに来てもらったそうですが解決せず、換気システムのメンテナンスの方(三菱)が来て床下の空調機を見てくれたそうですが『これはフィルターを掃除すれば大丈夫ですよ。空調機の前に高性能フィルターが付いているので空調機は汚れません。』ということでフィルターを交換して帰られたそうです。

フィルターを変えても以前と変わらず臭いがするのでダクトが汚れているのかも?と思って弊社へご連絡いただきました。

 

セキスイハイムの換気システム

 
セキスイハイム

 

快適エアリーは屋外から空気を吸って高性能フィルターをを通って埃が入らないようにし、全熱交換器で室内の空気と熱交換して室内へ取り入れます。

排気は室内の空気が膳熱交換器へ入り屋外から入ってくる空気と熱交換して外へ排出されます。

 

この熱交換で熱効率を上げてお部屋の空気を快適に保っているんですね。

 

ロスナイのフィルター交換

 

三菱のメンテナンスの方は高性能フィルターとロスナイのフィルター交換をしていれば大丈夫とおっしゃっていたそうですが、高性能フィルターは床の点検口を開ければ交換出来ますが、床下のロスナイフィルターを交換するのは大変です。

(本体にたどり着くまでに匍匐前進で床下を進まなければいけません)

 

  

ロスナイ換気システムからダクトを辿っていくと、リビングの床下へ繋がるダクトを見つけました。

接続部を外して見てみると、中はあまり汚れていないしカビの臭いもしません。

(全館空調を止めているので空気の流れはありません)

 

どこから臭いがくるのでしょうか。

 

給気口フィルター掃除

 

お客様と打ち合わせをして、屋外側からの汚れがどこまで入ってきているかを見ていくことになりました。

 

まずは一番外側の給気口フィルターを外していきます。

給気口フィルターを外してみると、砂埃で汚れてしまっています。

ロスナイ換気システムでは機械(熱交換器)による強制給気になっているので自然に入ってくる給気よりも数力が強いので汚れがたまりやすいんですね。

 

 

 

外側から給気ダクトの中を撮った画像です。

埃だらけになっています!

高性能フィルターがあるから良いですが、なかったらこの埃が全部家の中へ入ってきますので、喘息などのアレルギー疾患を患う危険性もありますね。

 

屋外側からと高性能フィルター側から給気ダクトの埃を拭き取っていきます。

拭き取ると埃がバフにたくさん付いてきます。

 

埃の中にはカビの胞子も含まれていますし、カビはダニの好物ですので埃はためないようにした方がいいですね。

除カビ剤でカビを枯らし、防カビコーティングを施します。

埃を拭き取り給気ダクトも綺麗になりました。

(ダクトの素材が不織布なので色は染み込んでしまっていて取れません)

 

 

高性能フィルター側からロスナイ側へ繋がるダクトを撮ったものです。

高性能フィルターを通っているのでほとんどの埃は取れていると思いますが、全てが取り切れるわけではないのでダクトに埃が付いてしまっています。

こちらも掃除して綺麗になりました。

 

ロスナイ換気扇

 

ロスナイ換気は全熱交換器内で空気の熱交換をして熱効率を上げてお部屋の温度を快適に保っています。

給気と排気を強制的に行うので、室内側へ空気を取り入れるファンと屋外へ排出する為のファンの2つがあります。

 

内部を見てみるとどちらのファンにも埃が付いていますね。

高性能フィルターでも細かい埃は取りきれませんので、ロスナイ内部やファンにたまってしまいます。

 

この埃が家中のダクトから部屋の中に入ってきてしまいますので、家に帰ると咳が出る、子供がハウスダストアレルギーになってしまったなど弊害が出ることもあります。

ロスナイの分解清掃も賜っておりますが、床下が狭く分解するスペースがありませんでしたので、三菱のメンテナンスへ相談してみることとなりました。

 

カビ臭いエアコン

 

ロスナイでは家全体の空気を顕熱交換(部屋の冷えた空気と、外の暑い空気を熱交換しながら入れ替える)しています。

部屋の温度管理はエアコンでしていますので、カビ臭いエアコンを使用していればお部屋が臭う可能性があります。

 

三菱エアコン分解

 

三菱製のエアコンが付いています。

内部を見てみると、かなり埃が付いていて、カビも生えています!

ダクトだけでなくエアコンもカビ臭い原因の可能性がありますね。

 

 

三菱エアコンを分解します。

・カバー、ルーバーを外します。

ここからはあまりやっている業者がいないドレンパン、ファンを外します。

※画像2枚目はイメージ画像です。1人ではドレンパン外しているところが撮れませんでした。

 

 

ファンまで外すと裏側が見えてきます。

通常業者が行うエアコン洗浄ではファンの裏が洗えないので、カビや汚れが残ってしまいます。

弊社ではここまで分解することで奥まで除菌&掃除が出来ます。

※メーカーや設置条件によっては取り外せない場合もあります。

 

三菱エアコンドレンパン

 

三菱エアコンドレンパンを外してみると、カビと汚れがびっしりです。

エアコン洗浄は2年前に業者にやってもらったそうですが、ドレンパンまでは外していないそうです。

 

菌の測定をしてみると、48,063RLUでした!

ちなみにトイレの床は約10,000、キッチンの排水口は約88,000ですので、かなり菌やカビがいることがわかります。

菌やカビがいればニオイの元となりますので、除菌して綺麗にしなければ健康被害を引き起こしかねません。

カビは肺炎やガンの原因と言われています。

 

三菱エアコン掃除

 

熱交換器(アルミフィン)を高圧洗浄します。

ファンがないので表と裏からしっかり高圧洗浄できるので、熱交換器に詰まった埃や裏に残っていたカビをしっかり除去できます。

 

外したパーツ(カバー、フィルター、ファン、ドレンパン)も掃除して除菌します。

外して高圧洗浄することでしっかりと汚れが落とせます。

 

 

 

高圧洗浄後に見てみると、熱交換器の裏のカビもしっかり除去されています。

 

ドレンパンをオリジナルの除菌剤「スライムクリアーA」でしっかりと除菌します。

測定してみると358RLU!!

弊社の基準値は500RLUですので、除菌完了です。

(500RLUは食品工場のまな板の洗浄後の数値です。食品加工が出来るレベルで綺麗になっているということです)

 

ドレンパンに防カビ施工をして組み上げれば、三菱エアコン掃除は完了です!

 

 

お客様もこれを見て『やっぱりダクトの中は汚れてたんですね。メーカーさんがフィルターを交換してれば大丈夫と言ってましたけど、完全に埃を取りきれるわけじゃありませんよね。カビの臭い原因はダクトだけでなくエアコンにもあったのかもしれませんね。以前業者に掃除をしてもらったので安心していましたが、まだカビが残っていたんですね。綺麗になって安心しました。』とおっしゃっていました。

作業当日は晴れていましたので24時間換気からのカビの臭いはしませんでしたが、雨の日は湿気を含んだ空気が給気されますので、ダクトが湿ってしまい埃と相まってカビ臭いニオイになっていたのかもしれません。

 

ロスナイ換気や24時間換気、エアコンがカビ臭いなどの場合には清掃時期が近付いていると思います。

24時間換気の清掃、エアコン掃除はお問い合わせください。